ホールの設定変更の傾向やガックンチェックの有効可否等

どうも、あすぱらです。

今回はホールの設定変更について自分なりに考えてみました。

まずは私あすぱらが現在メインホールとしている店の設定変更の傾向なのですが、40台あるアイムジャグラーのシマでは毎日ほぼ高設定であろう挙動をする台が最低4台程はあります、それ以外にも中間なのか高設定で少しレギュラーがハマったのかというような台が多数あり、私の予想では高設定の設定5が10%~15%程、中間設定の設定3が30%~40%程、残りの50%程が設定1なのではないかという予想をしています。

設定変更は毎日行われている様で、設定上げの候補になる台というのはある特徴があります。

その特徴は一つだけではないのですが、あすぱらがこのホールをメインとして使うようになった頃から変わらず信頼度が高めなのが、前日、前々日までの稼働が極端に少ない台です。

平日でも稼働が良いホールなので、ボーナス回数がBIG、REGそれぞれ一桁で閉店を迎える台は少なく、そういった履歴が2日続いた台というのはこのホールでは一番設定上げの候補台になる気がします。

下の画像は今のメインホールのWebデータですが、上記で記した前日までの傾向から設定が上がったと思われる履歴です。
date

その他には数日間設定が悪く差枚が大きくマイナスになっている台なども、上げ候補としてはあると思います。
date

こちらは上画像の数日間のスランプグラフになり数日間差枚がマイナスで推移しているのが解ると思います。
date

その他には前日高設定だった台の据え置きも毎日1台はあると思います。

この様に、ホール側は朝から来店してくれるユーザーへの恩恵としてヒントを出してくれているホールも少なからずあると思います。

他には全台系をやるホールだったり、角台や角2が強い傾向だったり、ホールの名前が一致した台番号の末尾が強い等(例えばスロット1番というホールの名前でしたら末尾1が付いた台番号がイベントの日に強い)等。

昔メインとしていたホールでは毎日高設定が隣の台に移って行くということもあったり、一週間ずっと据え置きをやるホールだったりと、ホールのデータを眺めていると何か見えてくるものがあるかもしれません。

ただ、全くのランダムで設定を変えてくるホールもあるでしょうから、そういったホールではやっぱり後ヅモが有効になってくると思います。

その他のヒントとしてはご存知の方も多いでしょうが、朝一1ゲーム目のリールのガックンチェックです。

ジャグラーシリーズを作っている北電子(ニューアイムジャグラーEXアニバーサリーVer以降の筐体ではガックンしません)やサミー系、山佐系の筐体は設定変更時の1ゲーム目にリールがガクッ!っと震える様に回り出す傾向があり、それを設定変更を見破るヒントとして使用します。

ガックンチェックをより有効に使うには前日の最終出目チェックで最終出目をメモしておくと、よりガックンチェックの信頼度が上がると思います。

ただ、ガックンチェックはあまりにも有名な設定変更時の挙動の為、現在はホール側も対策しているところが多く、ガックンチェックでの挙動だけを鵜呑みにしていくのは危険だと思いますが、ホールによってはあえてガックンをさせてそれをヒントにしたり、据え置きのヒントとしてガックン(リセット)させない場合などもあると思いますので、そこら辺もホールの傾向を調べていくと有効な手段となる場合もあるかもしれません。

ホールの設定変更の傾向が解ってくると、朝から高設定を奪取出来る確率が上がるので、終日高設定を打てるチャンスが増えて収支を格段に上げることが出来ますので、自身のメインホールの傾向を調べてみるのも良いし、普段行かないホールでも最近ではWebデータが見られるホールが多いので、そのデータを見ていく事で傾向が掴めるかもしれませんね。
(;^ω^)

訪問ありがとうございます。(´▽`*)
あすぱらのモチベーション維持の為に
1日1クリック応援お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする