設定狙いで一番期待値が拾いやすい時間帯を考えてみる

どうも、あすぱらです。

今回は、Aタイプ機の設定狙いで一番高設定が拾いやすい時間を考えていきたいと思います。

私の意見から言ってしまうと、それは「閉店間際」かなと思います。

一番信用できる当日データが出来上がっていることと、打ち手の心理的な考えや事情から、高設定と判っていてもその台を空ける人が多いからです。

一般的なスロットユーザーで特にジャグラーを打っている方々の客層の方は、オカルト的な考えの方が多いと思います。

出玉の波を読もうとしたり、そろそろハマる、そろそろ連荘するとか根拠のない理由で打ち出す方が多く感じます。

ですので、期待値を理解している方からすると、明らかに高設定の可能性が高い台でもあっさり空き台にしてくれる事も多いのです。

稼働していて夕方になってきて
「残りの閉店時間までの間にこの出玉が飲まれたらやだな」とか
「これだけ出たからあとはハマる時間帯に入っていくだろう」とかの理由なのでしょうか、
とにかく結構良い履歴の台を拾えることが多いです。

という私も高設定を打っていても次の日の事情を考えると早めに帰宅したいと思う事は多々ありますので。

しかし、換金率の関係もあるのでその時間に打つのが最良であるとは一概には言えませんが。

この考えは、客付きの良いホールほどその傾向が強くなります。

終日ガラガラのホールではデータが出来上がってこないのであまり効果的ではありませんからね。

一つ例外があり、スロプロやスロ上級者がその店のほとんどの高設定台を確保して打っている状態です。

ホールに入る高設定数は全台系イベント以外では決められた台数しかないため、それをプロと言われる方々が打たれているのであれば、期待値の概念を理解しているので、空き台になる可能性が低いからです。

ですので、そのホールに入る高設定の台数と専業プロと思われる方の高設定独占状況を把握しておかないと、閉店前でも高設定台を拾えずに終わってしまう可能性もあります。

そんな理由から、閉店前の数時間を狙った実践というのは高設定期待値を追う実践には向いているんじゃないかなと思います。

デメリットとしては、やはり残りの実践可能時間が少ないという事ですよね。

しかし「この時間から高設定っぽい台を打っても負けて終わりそう」とか考えずに、間違いなく高設定と思えるなら打って問題ないと思います。

こちらのページでも紹介している通り、その短時間でその日結果が出なくても、それを繰り返しデータが集計されていくことで高設定を実践してきたデータの集合体になっていくのです。

ホールの設定変更の傾向が掴めていない状態であれば、朝一から打つという事は全くの運任せな行動になります。

イベント等で3台に1台高設定が入るのが決まっていて、1000G~2000Gで低設定なら見切るといった場合はこの限りではありませんが。

しかし、朝から打った時のメリットが全くない訳ではありません、運良く高設定に朝から座ることが出来れば、その高設定台を終日打つことが出来るからです。

でもそれ以上にリスクの方が高いのではないかと私は考えています。

勿論、ホールの設定変更の傾向が充分に判っているのであれば朝からの稼働もありだと思います。

機種やデータ表示機にもよりますが、ホールデータ機からの情報だけでは見抜けない部分(子役確率)もありますので、実践時には、その出来上がった未熟なデータに対しての残り実践可能時間との兼ね合いを考えて、リスクを負って打ち始めるものですよね。

ですので一番効率の良い時間はこれだとは言えませんが、私の場合はなるべく開店から3時間程度はデータが出来てくるのを待ってから実践するようにしています。

負け組脱出プロジェクト

訪問ありがとうございます。
あすぱらのモチベーション維持に
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

パチスロランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする