パチスロで負けないようにするには?たった一つこれしかない!

どうも、あすぱらです。

パチンコ、パチスロでは約9割の方が負けていると言われています。

では残りの1割方はどうやって勝っているのでしょうか?

パチスロで勝ち続けていくには期待値という計算された、シミュレーション値がプラスの台を打ち続けていくことが必要になります。

9割に当たる方はその期待値がマイナスの台を打っている時間が多いという事になります。

期待値がプラスの台ってどんな台かというと、解りやすく例をあげるとAT,ART機の天井期待値があるゲーム数から打つ方法や、純粋なAタイプであれば、シミュレーション機械割(出玉率)が100%以上の台です。

ニューアイムジャグラーEXの打ち方別期待収支がこちらのサイト様に記載がありますので確認してください。

ニューアイムジャグラーEXを、通常時適当押しボーナス成立時1枚掛けで揃えた打ち方の場合、設定4で機械割が101.23%です。
ですので毎回設定4以上を打ち続ける事で最終的に収支がプラスになっていきます。

設定3の機械割は99.07%ですので、2回に1回は設定3を打っても機械割は100.3%とギリギリでプラスを保つことになりますが、妥協して打っても、期待値がほぼ収束するには100万ゲーム以上掛かる場合もあるし、何よりも設定3と設定4を見分ける事なんて、1日の稼働ではほぼ不可能なことです。

ですので毎回設定5以上と思われる台を打ち続けないと、安心して収支をプラスにすることは難しい事になります。

設定1を打っても、「ビッグボーナスを多く引けてプラス収支で終われば問題ない」と思っている方もいると思いますが、期待値というのは試行回数を重ねる事で収束に向かって行くものなので、「設定1でも出ればOK」なんて考え方は一番ありがちな間違った考えです。

パチスロ自体、今日で辞める訳ではないのであれば、これから先にその日に引きすぎたビッグボーナスのツケが必ず帰ってきます。

肝心なのは、「その日の収支はマイナスでも良いから本当に高設定と思われる台を打てていたのか」というのがとても大事なことです。

結果は長期的に見れば必ずついてくるものです、とはいえ収束には相当な試行回数が掛かる可能性がありますが、何より天井やゾーンが使えない以上は、そうやって期待値を稼いでいくことしか勝つ方法はありません。

もし、設定1をフリー打ちで7000ゲーム消化してしまったら、設定5を7000ゲーム消化しても合計の期待値はマイナスになってしまうのです。

良心的なホールでも経営するためには設定1~3を多く使ってくることでしょう。

これに気づいてしまったら、如何に適当な台選びでは勝ち続けることは難しいかという事が解りますよね。
チェリー狙い等の機械割UP打法を駆使しても、アイムジャグラーで勝つには常に設定5以上を狙っていく必要があると思います。

高設定を使っていないホールや、高設定と思われる良い台が空いてないときは打たない事がとても大事で、折角積み上げてきた期待値をムダ打ちで削ってしまうのは勿体ないと思うべきです。資金切れで打ちに行けなくなるよりは、高設定が空くのを待って「見」に徹するのも必要な行為です。

ではどうやったら効率良く設定5や高設定を打てるでしょうか?

そもそも自分が今、通っているホールは設定5以上を使ってくれているのでしょうか?

ということで、まずは高設定を使っているホールなのかを判断する知識が必要になってきますね。

ホールデータからジャグラーの設定判別する。勝ち方、台選び。
負け組脱出プロジェクト

訪問ありがとうございます。
あすぱらのモチベーション維持に
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

パチスロランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする