高設定狙いを開始した頃~その1~どうすれば高設定台を打つことが出来るのか?

どうも、あすぱらです。
今回はあすぱら成長記の4回目の記事になります。

前回の勝ち組になってから壁に当たるまでの記事の続きを紹介したいと思います。

今回は2017年10月にメイン稼働していたマイホールが突然のリニューアル休業を告知されてからホールの変更、
設定狙いへ立ち回り変更した頃の話をしたいと思います。(`・ω・´)

ハイエナ期待値稼働として使っていたメインホールを失ったあすぱらさん。
使っていた店舗はメインとして使っていたホールだけあって

・Webで見れる前日最終ゲーム数
・ライバルの少なさ
・ほぼ据え置きのリセットなしの安心感

とハイエナホールとして気に入っていたのですが、
そのホールと同等の好条件な店舗が見当たらなかったので、
良い機会だしこの際設定狙いをやってみようと思いました。

元々スロット打つならばチョロチョロと台移動しながら打つという行為は
落ち着きがなく好きではなかったのですが、
今の私が唯一勝てる方法という理由でやっていました。
もちろん天井期待値稼働を止めるつもりではないですが、
メインの稼働は高設定狙いで台移動せずにのんびり打てたらいいなと。(*^-^*)

では設定狙いで勝つにはどうしたら良いか?
まず最低限の第一条件として「高設定が入ってるホール」を探すことが必須ですよね。
どんなにすごい知識を持ったスロッターでも全台設定1のボッタくりホールで設定狙いしても勝てる訳がありません。
その店自体に高設定期待値が存在しないのですから、つまり当たり台がない状態ですよね。

あとはそこから自分のスタイルに合った店舗を探すのですが、有名ホールは高設定の投入率が高かったりハイスペックマシンの設定6が入る等の期待も出来るのですが、あすぱらの希望としてはハイレベルな客層で賑わって競争率が激しく、並びや抽選が必須といった店舗での稼働が苦手で、出来ればそういったホールは回避したいのでまず並びの多い超有名店舗等は除外されます。

理想としは無理せずに高設定を打てる店、ライバルが少なく高設定をツモり易い店を探そう。
そこで天井期待値稼働を始めた頃にホールを調査しまくっていた頃「この店高設定っぽい台結構入ってるっぽいな」と思ったホールがあったのですが、その店は換金率が5.8枚交換と天井狙いには向かなかったので気にしてなかったのですが、高設定狙いとなれば低換金率でも勝負になるかと思いその店舗を再び調査に入りました。

そのホールの機種ラインナップは店の約半分がジャグラー含むAタイプでアクロスの機種も少しありました。
そこでのホールデータを見る限り「明らかに高設定だな」と思えるデータはジャグラーのシマに多くあった為、ジャグラーだったら高設定で粘って勝つスタイルが保てるかもと思い、とりあえずは低換金率のこの店で練習を兼ねて始めてみようと思いました。

どうやったら勝てるのか、どこに勝てるための期待値があり、それを打ち続けていかないと勝てないという事は、天井期待値稼働をしたことで既に勉強出来ていたので、それを高設定狙いにシフトしていくことが出来れば勝ち続けることができるはずと思い、天井期待値稼働でも毎回勝てる訳ではない、つまり高設定でも出ないときは出ないし、それをどう見破るかを経験していくことが必要なんじゃないかと思いました。
その為には、今まで負けてきた様な養分高設定狙いではなく、
収支データもしっかり付け続ける
ホールデータもしっかりと調査する必要があると思いました。

機種についてはなんだか名前の違ういろんなジャグラーがあるけど
要するにGOGOランプが光れば当たりで、たったそれだけでしょうと思っていましたが
実際は微妙に機種ごとに設定差が変わっていたり、機械割も意外と違いがあることが解り
ジャグラーを研究しているうちにゴーゴージャグラーが一番設定1の機械割が甘く、
設定狙いでミスしても怪我をしにくいという理由からゴーゴージャグラーをメイン機種にしようと考えました。
ボーナス確率も軽いからすぐ当たりそうでハマりが少なそうですしね。(#^.^#)

では次回以降にこの記事の続きを書きますね。

訪問ありがとうございます。
あすぱらのモチベーション維持に
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

パチスロランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする