ノーマルタイプ設定狙いで勝ちやすい機種は?

どうも、あすぱらです。

今回は、負け組脱出プロジェクトの4回目の記事になります。

初回の記事はこちらになります。

前回の記事は、こちらになります。
パチスロの設定狙いで勝ち続けていくには、機械割100%を超える高設定を打ち続けていく事で、最終収支がプラスに収束していくという話で、その中でも、デーカウンターから設定推測がし易い、ノーマルタイプパチスロがあすぱらのお勧めという記事でした。

今回は、そのノーマルタイプパチスロの中でもお勧めの機種を紹介していきたいと思います。

それは、無難な答えになるんですがジャグラーシリーズになります。

私の住んでいる地域ではノーマルタイプパチスロと言えばやっぱりジャグラーシリーズが人気で、ホール設置台数もダントツで多いです、周辺の大概のホールでメイン設置機種がジャグラーシリーズになっています。
ハナハナ系やパルサー系が多い地域の方には、この記事のお勧め機種という面では、もしかしたら答えが違ってくるかもしれませんが、メイン機種にはやっぱり高設定が入り易い傾向があると思います。

大量設置しているという事は、その機種でホール側が多くの回収が見込めから大量設置しているのです。

では、回収されやすいから高設定が入らないんじゃないの?と思う方もいると思いますが、高設定というのはホール全体の1~2割くらいにしか入らないものなのです。

その少ない高設定をどこに入れるかとホール側が考えた時に、これからも安定して回収していく為に、やっぱり客付きが良い機種に高設定を入れて、「この店は高設定を使ってますよ!」とアピールしてくる訳です。

そもそも高設定の挙動が解っていないユーザーも多くいますので、ホールによっては高設定を全く使わずに、オール設定1で営業しているボッタくりホールも多数あります。

これは私が周辺のホールを廻って調べた結果ですので某有名チェーン店でも、普通にその日の高設定挙動が0台という酷い店も多数あります。

優良店でもそうなのですが、ホールも商売でやっているので大概の台は、機械割がマイナスの設定なんだと思って立ち回っていく事が賢明だと思います。

ですので、そこは高設定を入れているホールかどうかをしっかりと事前に調査しておくことが必要になります。

ここからは立ち回りの話になっていくのですが、ジャグラーシリーズはGOGOランプが点灯したらボーナス確定という解り易さから、初心者から高齢のユーザーまで多数の支持者が多くいます。

そういったユーザーは、パチスロで勝つためのしっかりした知識があまりない方が多く、打ち方や、目押し力、台の選択といった部分でレベルが低い傾向にあります。

ですので、ライバルとなる方達のレベルが低ければ、当然自分が打つ上での立ち回りの優位性というのが出てきます。

アクロス系やビタ押し必須のディスクアップ、サザンアイズ等、完全攻略すれば設定1でも機械割が100%に近い機種というのは、そもそもユーザーのレベルが高く、目押しに自信のあるユーザーばかりです。

「自分は目押しに自信があるから技術介入系でライバルに差をつけられる」と思う方もいますが、実はそういった機種はビタ押し出来て当然の様な設定配分をホール側はしてくるのです。

ユーザーレベルの高い機種のシマで勝負するよりは、勝つためにはレベルの低いユーザーが多くいるシマで勝負する方が、賢明なんじゃないかと思います。

私の打っている環境では、ジャグラーコーナーで通常時にチェリー狙いで消化しているユーザーは、2割程度しかいない様に思えます。

その簡単な目押し力で出来る攻略をするだけで、勝っても負けても2000円~3000円/日の差がつくのですからやらない手はないと思います。
参考サイトジャグラーGOGO部

続きはこちらになります。

訪問ありがとうございます。(´▽`*)
あすぱらのモチベーション維持の為に
1日1クリック応援お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする