負け組脱出!ジャグラーの勝ち方!

どうも、あすぱらです。

今回は負け組脱出プロジェクトの6回目の記事になります。

初回の記事はこちらになります。

前回の記事は、こちらになります。

これまでの記事では、パチスロの抽選の仕組み~設定狙いで勝ちやすい機種等の紹介をしてきましたが、今回はジャグラーで勝つためにはどのような台を選択し、どういった立ち回りをしていくべきかを具体的に紹介していきたいと思います。

前回、お勧めの機種ということでニューアイムジャグラーEXをお勧めしましたが、その理由としてアイム系は打ち手のレベルが低い傾向があるからということでした。

もちろん、この機種をお勧めする理由はそれだけではありません。

その前に、私がニューアイムジャグラーEXを打っていて、周りの方に対して感じたこと。

とても高設定だろうとは思えないようなデータの台を、何の躊躇いもなく打ち始める行為。

高設定を打たないと勝てないのに、なんでこの方はこの台を選択して打ち始めてしまうんだろう?と思える方々の行動を紹介していきたいと思います。

・ホールに着いてとりあえず目に着いた台を打つ。
・ボーナス間でハマっている台を打つ。
・ボーナス後、100G以内にヤメられてる台を打つ。
・ボーナス当選の波を読もうとして当選履歴から台を選んでいる。
・座って打ち始めてから自分の台のデータを確認する。
・夕方や夜からデータの出来上がってない台を打つ。
・少し打っては隣の台を掛け持ちしながら打つ。
・BIG先行して明らかにREG確率が1/400よりも悪い履歴の台を打つ。
・直感で千円だけ勝負する。
・そもそも設定狙いを理解していない、又は設定を信じていない。
・ボーナス確率が悪いボーナス回数の多い台を打つ。
・空き台の中で一番マシな台を打つ。

上記のような立ち回りをしていては、最終的な収支をプラスに持っていく事はほぼ無理です。

皆さんはこの様な立ち回りしていませんか?大丈夫ですか?

高設定台は適当に選んで毎回拾える様なものではありませんので、しっかりとした根拠のある台だけを選ぶようにして下さい。

目当ての台が空いてない時に、適当な理由をつけて打ち出すのは期待値を削ってしまう可能性がとても高く、その日はそれで勝てたとしても同じ様な行動を繰り返す事で低設定の結果に収束していってしまいます。

繰り返しになりますが、ジャグラー、ノーマルタイプパチスロで勝つには高設定と言われる機械割が100%を超える台を打ち続けなければいけません。

そこで、ニューアイムジャグラーEXを勧めた理由としては、高設定の挙動がデータカウンターからの情報だけで看破し易いからです。

しかも、設定推測要素がたった一つだけ。

REG確率のみ。

ニューアイムジャグラーEXの設定5を掴む為に必要なデータは「総回転数からのREG確率」必要なのはたったこれだけです。

しかも、このREG確率は自分が打たずとも、他人が打っている状態だけでも推測が可能です。

少なくとも私あすぱらがREG確率のみで設定推測し立ち回った結果、約1年間経過した現時点では大幅なプラス収支で推移しています。
前回の記事にここ一年間のアイムジャグラーの収支を載せてあります。

ジャグラーには確定系演出等はありませんで断言はできませんが、それは高設定を打ち続けている可能性が高いからだと思います。

それでは、ニューアイムジャグラーEXのスペックを、もう一度確認してみましょう。

ニューアイムジャグラーEX
設定 BIG REG 機械割 チェリー狙い
設定1 1/287 1/455 96.1% 96.8%
設定2 1/282 1/442 97.0% 97.6%
設定3 1/282 1/348 99.1% 99.8%
設定4 1/273 1/321 101.2% 101.9%
設定5 1/273 1/268 103.3% 104.0%
設定6 1/268 1/268 105.8% 106.5%

例えば設定の確率通りにボーナスを引ける台があったとします。

その台を8000G消化した場合のボーナス回数は以下になります。

・BIGの設定差
 設定6ではBIG約30回、設定1ではBIG28回と一日打って2回の差。

・REGの設定差
 設定6ではREG約30回、設定1ではREG17.5回と12.5回も差がつきます。

つまり、BIGの設定差なんて1日8000G程度の消化では全く気にするレベルではないのです。

BIGが引けない状態では自分の資金がどんどん減っていきますので、ダメな台、高設定でも出ない台というイメージがついてしまいがちですが、実際は設定5でもBIG確率1/500で推移することも多々あるのです。

実際に高設定を打ち続ける為に大事なのは、出玉にあまり影響の出ないREG確率なんです。

とは言っても、BIGが引けないと負けてしまいますので、BIG確率の収束については、今後の記事で紹介していきたいと思います。

更に、このニューアイムジャグラーEXでは6段階設定なのに、REG確率を基準に立ち回った場合は、3段階で設定を推測することが出来ます。

それはREG確率に大きな3段階の設定差がついているからです。

実際に私が今メインに使っているホールでもそうなのですが、設定1.3.5を頻繁に使っている様に感じます。

設定1と2は酷似、設定3と4も酷似なので判断は難しいですが、その4つの設定の内の悪い方の設定1と3を使ってると仮定して。

3段階設定で設定推測していった場合に

設定5 1/268
設定3 1/348
設定1 1/455

これだけ大きな設定差が、自分で打たずしてデーカウンターからの情報だけで得られるのです。

例えば2000G消化されている台で10回以上レギュラーが当選している台は、設定1の可能性は0%ではありませんが、その状態になる可能性は相当低いと思います。

ですのでチェリー狙い打法で消化した場合、設定3以上の可能性が高いので、悪くても機械割が99.8%の台を打てるのではないかと思います。

そこから更に、そのホールの高設定の投入傾向等も考慮して立ち回った場合、高確率で高設定を打てる可能性が高くなります。

ただし、そのホールに確実に高設定が入っていることが大前提です。

続きはこちらになります。

関連ページとして下記を参考にしてください。
ホールデータからジャグラーの設定判別する。勝ち方、台選び。
ホール選びその1~優良ホールはどうやって探す?
ホール選びその2~必須!自宅近辺で妥協しないホール選び

訪問ありがとうございます。(´▽`*)
あすぱらのモチベーション維持の為に
1日1クリック応援お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする