スロットの収支を記録する癖をつけると自分の行動が合っているかに気づく。

どうも、あすぱらです。

私は期待値稼働を始めるにあたって半信半疑だった為に、しっかりとその記録が残るようにと収支記録を付けることを始めました。

今でも必ず収支を記録していて、振り返ってみると、どの機種で勝っていてどの機種がダメだったり、どういった打ち方やどこのホールで結果が出てるとかの分析が出来るので、立ち回りの答え合わせのようにして記録を使っています。

これをやることで期待値稼働で多少下振れした時でも、長い目で見ればプラスになることを確認できるので、メンタル面でブレることなく打っていけるようになるところが良いところだと思います。

収支データをつけるときの注意点としては、ちょっと打っただけだから記録しないとか、負けた収支を記録したくないからとかで曖昧な記録にしないでください。

チョイ打ち(1本だけ打って辞める)の時や絆のBC天井狙いで回収した40枚程度の履歴まですべて収支簿に記録してください。

そうやって細かく記録をしていくことでそのデータが正確なものになっていくからです。

ちなみに私が使っているスロット収支記録アプリは「ぱち簿」です。

とても使いやすく、記録時にタグ分けしておくことで、自分のデータを解析しやすいので気に入ってます。

スロット収支スロット収支スロット収支

App Storeはこちら

Google Prayはこちら

更にAタイプでは、私も3ヶ月程前に始めたばかりなのですが、機種毎に自分の打った回転数とBIG回数REG回数と差枚まで記録してExcelで記録しています。

ちなみに打ち始める前の、前任者のデータを入力しておくと、どういった履歴の台選びをしていたかが記録として残ります。

データを見ていただけると解ると思いますが、私は主に当日のレギュラー確率を信用して打ち始めてるのが解ると思います。

こちらの記録では自分がその機種を打ち続けたデータが集計されて、自分の打ったその機種の平均設定が解ってきたりします。

記録を付けるという行為は面倒ですが、必ず自分の立ち回りのヒントになるので、是非つける癖をつけて頂きたいです。

ジャグラーデータ
エクセル画像の上から3段目の列がこの表を集計したデータになっています。

上の画像は、私がニューアイムジャグラーEXを打った際の、データをつけ始めてから2ヶ月時点でのデータで約10万ゲーム消化しています。
見て頂けると判ると思うのですが、レギュラー確率は1/269と設定5を示しているのに対してBIG確率が収束していない様に思えます。
(設定3以下を打っていてレギュラー確率の上振れの可能性もある為断言は出来ませんが)

その為、設定5の期待収支の機械割104%に届いていません。

ジャグラーデータ
そして、こちらは私がアイムジャグラーを打った際の記録を付け始めてから現在までの全てのデータになります。

まだ総ゲーム数が15万ゲーム程ですが、ほぼ設定5に収束しているのが解ると思います。

差枚と収支が合ってない部分は低換金率でのホール(5.8枚交換)実践も行っていたからです。

時給計算の部分は曖昧に1hに600G消化で計算してあります。
現在は700G/1h計算にしてます。

しかしまだ1000枚程度の浮き沈みで、確率がすぐに振れるので信頼できるデータになるには100万G程掛かるのかもしれません。

ジャグラーですらこれだけ収束しにくいのですから、GODなんて収束に何ゲーム掛かるのでしょうね。

負け組脱出プロジェクト

訪問ありがとうございます。
あすぱらのモチベーション維持に
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

パチスロランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする